ラヴォーグって途中で解約できるの?

   

ラヴォーグの脱毛に通っている途中で、妊娠が分かったり、引っ越しや転勤で、解約をせざるを得ない状況になることもあります。

そうなった時に、ラヴォーグでは、脱毛途中に解約することはできるのでしょうか?

いざという時に、すぐに対応できるように、ラヴォーグの解約について、調べてみましょう。

途中解約できるの?

もちろん、途中解約は可能です。

まずはラヴォーグのコールセンター(0120-377-437)に連絡、もしくは通っている店舗のスタッフさんに解約したいことを伝えてください。

直接、伝えにくい方は、コールセンターからの連絡で構いません。

解約時の条件は?

特にありません。自分が解約したいタイミングで解約して問題ありません。

解約時に必要なものとは?

解約時に必要なものですが、

  • 印鑑(銀行印)
  • 返金を振り込むための口座情報(通帳)
  • クレジットカードで支払いしている場合は、カード情報

が必要になります。

解約の手続きの流れを確認してみましょう。

  1. 解約したいことを、サロンに伝える。
  2. 解約の書類を記入し、提出。
  3. 残金を返金してもらう。

という流れです。

直接、店舗で手続きしたくない人は、解約書類を自宅に郵送してもらい、記入後に返送する形でも大丈夫です。

しつこい引き止めはあるの?

解約する理由は聞かれますが、特にしつこい引き止めなどはありません。

解約時に違約金や解約手数料は発生するの?

ラヴォーグの解約時に違約金はありませんが、解約手数料は発生してしまいます。上限が20,000円で、返金額の10%が解約手数料となります。

例) 30,000円の施術代金が残っていた場合

「30,000 - 10% = 3,000円」で「3,000円」が手数料となり、「30,000 - 3,000 = 27,000円」が返金されます。

例) 300,000円の施術代金が残っていた場合

「300,000 - 10% = 30,000円」で手数料が「30,000円」となりますが、手数料の上限は20,000円なので、「300,000 - 20,000 = 280,000円」が返金されます。

解約金が返金されるのはいつ?

ラヴォーグの解約金は、指定した口座に返金されます。返金されるまで2~3週間は掛かってしまいます。

もし、1ヶ月以上経っても、返金されないようなら、サロンに連絡するようにしてください。何らかの手違いが起こっているかもしれません。

最初に、おおよその解約金の返金日を確認しておくと、無用なトラブルを避けれるのではないでしょうか。

ラヴォーグはクーリングオフにも対応しています!

ラヴォーグはクーリングオフの対象になります。クーリングオフが適用されると、支払った費用が全額返金され、契約自体も破棄できます。

ただし、契約から8日以内に手続きが必要になりますので、ご注意ください。

↓クーリングオフについて、記事にしています。
>>ラヴォーグはクーリングオフに対応しています!

 

以上です。

ラヴォーグの解約について、分かって頂けたでしょうか。

解約したい時は、コールセンターに電話で連絡するか、直接店舗に来店し、解約したいことを伝えるようにしてください。解約に違約金は掛かりませんが、返金額の10%が手数料として返金額から差し引かれます。

本来なら、脱毛をやり切ることが理想ですが、妊娠や引っ越し、転勤などで途中で解約せざるを得ない時もあります。ただ、イメージが違ったなどの理由で解約する場合は、次は余計な費用を払わずに済むように、しっかりと今の自分の状況と脱毛サロンを見極めて、契約するようにしてください。


>>ラ・ヴォーグの公式サイトはコチラ!

 - ラヴォーグについて