ラヴォーグはクーリングオフに対応しています!

      2017/01/20

脱毛サロンを、その場の勢いだけで契約してしまって、後で「もっと慎重に選べばよかった。」と後悔する人もいます。

そんな人は、クーリングオフの制度を利用してください。クーリングオフを利用することにより、契約を破棄することができます。

いざという時に対応できるように、クーリングオフの条件や手順について、知っておきましょう。

もちろん、ラヴォーグもクーリングオフに対応していますので、安心してください。

クーリングオフの適用条件について!

クーリングオフを適用するには、いくつか条件があります。

適用条件を満たしていないと、クーリングオフはできません。

その条件ですが、

  • 契約金額が50,000円以上で、契約期間が1ヶ月以上であること!
  • 契約をしてから、8日以内であること!

以上の2点がクーリングオフを適用する条件となります。

一番気を付けなければならないのは適用期間です。知らない間に、8日が過ぎてしまわないように、早めに手続きを進めましょう。

手続きが無事に終わり、クーリングオフが成立すると、契約が破棄されますので、

  • 支払った費用は全額返金されます!
  • 違約金や解約手数料を支払う必要はありません!
  • 商品を受け取っている場合は、相手側の負担で引き取ってもらえます(ただし、自分の意志で開封や使用した場合は不可)。

となります。

クーリングオフの手順!

それでは、実際にクーリングオフの手順をチェックしてみましょう。

クーリングオフの手続きは、店舗に来店したり、電話で話したりせずに、はがきなどの書面で通知することをオススメします。下手に来店したり、電話で話をすると、説得されてしまうかもしれませんし、いくら解約を口頭で伝えても、クーリングオフの手続きはできません。書面で通知するのが、一番早いです。

手順ですが、

  • 8日以内にクーリングオフの通知書を作成する!
  • 通知書を脱毛サロンとクレジットカード会社に郵送する!

上記の2点を速やかに行ってください。

通知書の郵送は、事前にコピーを取り、必ず郵便局で配達記録、もしくは簡易書留で送るようにしてください。これがクーリングオフの通知書を送った証明となります。

郵便局で受け取った受領書と通知書のコピーは手続きが完了するまで、大事に保管しておきましょう。

クーリングオフの通知書に記載する内容!

通知書に記載する内容を確認してみましょう。

  • 契約解除通知書
  • 契約年月日
  • 商品名
  • 契約金額
  • 販売会社:ラヴォーグ ○○店 担当○○(クレジットカードを使用している場合はクレジット会社名)
  • 契約を解除したい旨
  • 発送年月日
  • 自身の署名と住所

上記の情報を、通知書に記載します。

脱毛サロンとクレジット会社宛の2通の通知書を作成し、郵送してください。

↓脱毛サロン宛の通知書の例

↓クレジット会社宛の通知書の例

クーリングオフの期間が過ぎてしまった!

クーリングオフの期間が過ぎてしまった場合ですが、残念ながら、クーリングオフの手続きはできません。ですが、中途解約は可能なので、早急に解約の手続きを進めるようにしましょう。

1つ注意点として、ラヴォーグでは、解約時に違約金は発生しませんが、解約手数料は掛かります。返金額の10%(上限が20,000円)が解約手数料となります。

余計な手数料を支払いたくない人は、期間内にクーリングオフの手続きを進めるようにしてください。

※違約金や解約手数料に関しては、各サロンによって金額が違います。

医療クリニックはクーリングオフの対象外です!

医療クリニックで受けるレーザー脱毛ですが、クーリングオフの対象外となります。ご存知ない方が多いですが、医療脱毛は医療行為と判断され、特定商取引法に規定されているクーリングオフは適用されません。

将来的には、医療脱毛もクーリングオフの対象になるかもしれませんが、現時点では、クーリングオフの対象は脱毛サロンだけとなっています。

※独自にクーリングオフの制度を実施している医療機関もあります。

クーリングオフの返金日はいつ?

ラヴォーグの場合、返金は指定した口座に振り込まれます。ただ、手続きの関係上、2~3週間ぐらいは待つ必要があります。どうしても不安に感じる方は、事前に返金予定日を確認しておきましょう。

もし、1ヶ月以上経っても、振り込まれない場合は、一度ラヴォーグの店舗に連絡を取ってみてください。何らかの手続き上のトラブルが起こっているかもしれません。

 

以上です。

勢いだけで契約し、後で後悔した場合は、早急にクーリングオフの手続きを進めるようにしましょう。8日以内なら、契約を破棄することができ、支払った費用が全額戻ってきます。

もし、手続きの途中で相手先とトラブルになった時は、最寄りの国民生活センターに相談してみてください。

↓消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。
>>国民生活センター

↓ラヴォーグの途中解約について、記事にしています。
>>ラヴォーグって途中で解約できるの?


>>ラ・ヴォーグの公式サイトはコチラ!

 - ラヴォーグについて