ラヴォーグは未成年でも脱毛できるの?

      2017/07/11

一昔前は、脱毛エステサロンに通うのは大人の女性だけのイメージでしたが、今では高校生や中学生だけでなく、キッズまで脱毛を体験できる時代になっています。

もちろん、ラヴォーグでも未成年者の脱毛プランは用意されていますが、未成年が脱毛処理を受けるためには、いくつかの条件があります。

どういった条件があるのか、具体的に内容をチェックしてみましょう。

未成年者が脱毛を受けるための条件とは?

ラヴォーグで未成年者が脱毛施術を受けるための条件ですが、

  • 16歳未満の方は契約できません。
  • 16歳~19歳の方は、カウンセリング時に保護者の同伴、もしくは保護者の同意書が必要になります。

といった条件になっています。

※残念ですが、16歳未満の方は、施術は受けれません。16歳になるまで待ちましょう。

重要なのは、最初の無料カウンセリング時に、保護者の方の同伴、もしくは保護者の方が直筆で記載、捺印した同意書を準備しておく必要があるということです。

この同意書があることで、親権者が脱毛サービスを受ける承諾をしたことになります。

同意書をカウンセリング時に忘れないように、ご注意ください。

同意書について!

同意書は、ラヴォーグの公式サイトでPDF形式でダウンロードできます。

カウンセリング前に、公式ページからダウンロードしたものをプリントアウトし、記載してから持参するようにしましょう。

>>印刷用の未成年者契約同意書はコチラ!

↓未成年者契約同意書のサンプルです。

印刷環境がない人のために、手書きの同意書を持参することも可能です。

必ず、保護者の方の直筆で、A4サイズのレポート、もしくはコピー用紙に記入してください(ルーズリーフは不可)。

>>手書き用の未成年者契約同意書のサンプルはコチラ!

↓手書き用の未成年者契約同意書のサンプルです。

絶対に自分で同意書を記入しないでください!

脱毛を受けたいからといって、保護者に相談せずに、未成年者の方が、勝手に同意書を記入するようなルール違反は、絶対にしないでください。

もし、それで契約をしてから、不正が判明したら、当然ですがそのまま施術は受けれませんし、解約時に返金もしてもらえない可能性があります。

必ず、保護者の方にサインと捺印をしてもらうようにしましょう。

あまりにも、同意書が不自然なら、保護者に電話で直接、確認することもあります。

カウンセリングは出来るだけ保護者に同席してもらいましょう!

同意書があれば、未成年でも契約してもらえると言いましたが、やはり保護者の方に同席してもらうことをオススメします。

その理由ですが、未成年だけで脱毛サロンに通わせるのは、親としては、やっぱり心配です。

ですが、カウンセリングでサロンに訪問し、スタッフさんと話をすることで、安心できます。

その場で契約をするなら、最初に一部の契約金を現金かクレジットカード(VISA・マスター、一部クレディセゾン発行のJCB、アメックスも可)で支払う必要があるので、保護者が一緒の方が、料金の支払いに関しても心配はありません。

未成年者の契約は、保護者に同席してもらうのが、一番スムーズに進みます。

 

以上です。

ラヴォーグでは、16歳~19歳の未成年者でも、保護者のカウンセリングの同席、もしくは未成年者契約同意書があれば、契約することができます。

ですが、スムーズに契約をしたいなら、保護者にカウンセリングを同席してもらうのが、後々のトラブルを少なくする一番良い方法です。


>>ラ・ヴォーグの公式サイトはコチラ!

 - ラヴォーグについて